【ヨロイビギニング最高1位 最終7位 レート1827】ギャラジバコサイクル

 

 

f:id:kenpoke:20200728085316j:plain

使用構築

f:id:kenpoke:20200728085324j:plain

瞬間1位

f:id:kenpoke:20200728085304j:plain

最終順位

 

【はじめに】

こんにちは!kenkenです(*'ω'*)

皆さん、ヨロイビギニングお疲れさまでした!

瞬間1位を達成し、最終も7位と自分の中でかなり満足することができた大会でした。

しかし、本ROMで登録したつもりが、サブROMで登録してしまったため、なんとなく後悔しています(笑)

構築自体、勝率はかなり高く、34勝8敗ということで、かなり使いやすく安定して勝てる構築に仕上がったと思います。今回は簡単に紹介できればと思い、構築記事を書かせていただきました。

 

 

 

【構築経緯】

私自身が一番安心して臨むことが出来るサイクル構築を使うことは確定していましたが、軸をどうするか考えていたところ、まずは今大会で必ず対策しなければならないポケモンに注目しました。

あくまで個人的な見解ですが、

 

ポリゴン2、ポリゴンZギャラドスジバコイル、ウーラオス水悪、マリルリウルガモスキングドラドラミドロ、受け構築全般

 

以上のポケモンたちは必ずパーティに組み込まれるため、これらに対応できるサイクル構築を考えました。

 

特にこのルールでの自信過剰ギャラドスはかなり警戒しており、1匹倒された瞬間サイクルが崩壊するため、絶対に対策しなければならないと思いました。

また、ポリゴン2の突破手段も確保することが重要であると考えました。

 

以上を踏まえて、まず初めに威嚇残飯ギャラドスチョッキジバコイルの攻撃的サイクルを採用しました。次に、今大会のフェアリータイプの少なさもあり、ポリゴン2の突破手段として、タスキ一撃ウーラオスを採用。相手のウーラオスウルガモスに役割を持てる兼フェアリー枠として鉢巻きマリルリを採用。炎枠+積みアタッカーとしてウルガモスを採用。このままだと受け構築に何もできないため、最後の枠にヘドロガラルヤドランを採用し、構築が完成しました。

 

注目すべきは何といってもギャラジバコサイクル性能。前述した今大会トップメタ全てに役割を持つことが出来、受けだし性能が高く、また、互いに4倍弱点を持っていることから相手の技を誘導しやすくダイマターンを枯らしやすいというのが非常に強力でした。

 

次に固体を紹介しますが、先に謝罪しておきます。

努力値等は、ランクマで使っている固体をそのまま持ってきたものが多いため、調整意図とかはあまりないです( ;∀;)

すみません…

 

 

【固体紹介】

 

・ウーラオス(一撃の型)

  f:id:kenpoke:20200728092407p:plain

 

 

特性:ふかしのこぶし

持ち物:きあいのタスキ

技構成:あんこくきょうだ インファイト ふいうち カウンター

努力値:陽気 AS252 ※なぜかSが252まで振り切れていなく最速になってなかった(涙)

調整意図:特になし

 

 

普通のウーラオス。ウーラオスミラーは多発すると考えていたため、タスキを持たせることで出落ちをケアしていた。また、1でもHPが残っていればうらのポリゴン2にインファを叩き込む仕事ができるという理由から最低2回は行動保証があるタスキに落ち着いた。今大会強いフェアリータイプが少ないため、あんこくきょうだの通りが半端なくよかった。今大会に限り、一撃の型の方が強い気がした。

努力値振りミスは最後に気づきました。そらふいうちミラー負けるわ…

 

選出率3位

 

 

 

ギャラドス

 

  f:id:kenpoke:20200728093106g:plain

 

 

特性:いかく

持ち物:食べ残し

技構成:たきのぼり とびはねる ちょうはつ りゅうのまい

努力値:わんぱく H180 A4 B252 D4 S68

調整意図:S+1後、最速ウーラオス抜き

 

 

物理アタッカーに繰り出しまくった過労死枠。ギャラドスに強いギャラドスであった。

ジバコと組み合わせることで、物理はギャラで、特殊はジバコでというように常に安定行動の受けが成立するため非常に使いやすかった。ウーラオスの雷パンチも鉢巻きでなければ耐えるので余裕ぶっこいて龍舞押してました。

 

選出率1位タイ

 

 

 

 

ジバコイル

 

  f:id:kenpoke:20200728093859g:plain

 

 

特性:アナライズ

持ち物:とつげきチョッキ

技構成:10万ボルト  ボルトチェンジ  ラスターカノン  てっていこうせん

努力値:控え目 H124 C180 D204

調整意図:ランクマの固体。ポリゴン2のダウンロード対策(Aアップ)

 

 

ランクマで使ってる奴をそのまま持ってきた。今大会に向けて全く調整していないにも関わらず、全く不便を感じなかった。トップメタのポリゴン2に鬼強いのが特徴。

ポリゴン2対面で負けることは絶対なく、相手が麻痺るかDダウンするor交代するまで脳死で技選択してました。麻痺れば爆アド、Dダウン引けばそのまま突破、交代すればアナライズ補正の攻撃が突き刺さるため、次のサイクルで相手は受からない。てっていこうせんを隠しておけば、必ず打てば強いターンが来るので、ボディプレスではなくこっちにしてよかった。

時間はかかるがポリゴン2絡みのサイクルパーティには死ぬほど強かった。

また、ダイマポリゴンZも珠でなければ、受けだしからダイマを切ることで処理可能。

相手の特殊アタッカーには一方的に強いので、推しの1匹。

 

選出率1位タイ

 

 

 

 

マリルリ

  f:id:kenpoke:20200728094906g:plain

 

 

特性:ちからもち

持ち物:こだわりハチマキ

技構成:アクアジェット  アクアブレイク  じゃれつく  ばかぢから

努力値:意地っ張り H156 A228 B12 D20 S82

調整意図:無振りポリゴン2抜き抜き&ダウンロード対策(Aアップ)

 

 

ゴリラがいないことでイキれた兎。役割は主にギャラジバコで回している際に、吊り交換で着地させ、相手のサイクルをぶっ壊す破壊神。

ハチマキマリルリパワーえぐいてー。

こいつがいればウルガモスは出てこない(`・ω・´)b

 

選出率4位

 

 

ウルガモス

 

  f:id:kenpoke:20200728095504g:plain

 

特性:ほのおのからだ

持ち物:いのちのたま

技構成:ほのおのまい  むしのさざめき ぼうふう  ちょうのまい

努力値:控え目 CS252

調整意図:特になし。脳死

 

 

ベンチでどっしり構えてもらいました。マジで2回くらいしか出してないが、相手にステロ巻きがいない時のみ選出し、ダイマ切ってました。

ちなみに出した試合は負けました。

でもこいつがいることで相手に圧力をかけることが出来る。

 

選出率6位

 

 

 

・ヤドラン (ガラルの姿)

 

f:id:kenpoke:20200728100116j:plain

 

 

特性:クイックドロウ(再生力推奨) 

持ち物:黒いヘドロ

技構成:かえんほしゃ  サイコショック  くさむすび  わるだくみ

努力値:控え目 H180 C252 S76

調整意図:ランクマのやつ

 

 

受けルキラー。受けルの時にしか選出しない。サイコショックくさむすびがマジで警戒されないため、特に相手のハピナスやヌオーが消し飛んでました。

絶対再生力の方がいいです。

 

選出率5位

 

 

 

f:id:kenpoke:20200728085334j:plain

ランキング1ページ目達成!

    TNらび

 

 

今回はここまでとさせていただきます。

今後のランクマで使える固体というわけではないと思うので、参考というよりはヨロイビギニングの振り返りという感じで読んでもらえたらなーと思います。

 

ランキング1ページ目達成嬉しすぎるんで、今シーズンのランクマッチ半分諦めてます(笑)

 

対戦していただいた方、ありがとうございました!!